iPad 2 発表。軽い、薄い、速い、カメラ、長時間バッテリー、カラバリ

恐るべしアップル。恐るべしジョブズ。^^;

Apple(日本)

http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2011/03/0303iPad2/
「iPad2」カメラ搭載、3割薄く ジョブズ氏自ら発表 :日本経済新聞
http://www.computerworld.jp/topics/bg/190840.html
療養中のジョブズ氏、健在アピール 孫氏「執念だ」 :日本経済新聞

まさか、ジョブズが登壇してくるとは、予想だにしませんでしたっ♪


ジョブズが出てきただけで、もう十分売れる事が約束されたようなもの。^^;
しかし、また激やせの様子。ほんとに大丈夫なんでしょうか ジョブズ・・・。


iPad 2 は、はっきり言ってマイナーバージョンアップ。
iPad(1) の弱点を補強して。
軽く、薄く、速く、長くって、あたり前の進歩なんですけど。
でも、全部やっちゃうのはすごい。
驚きのイノベーションがあるわけじゃないんだけど。
なんで、すごそうに見えるんだろう???


でも、間違いなく売れる。
特にホワイト。
さらに、純正カバーのカラバリ。
これは女性に受けるでしょうねー。


これから想像するに、もしかしたら、iPhone 5 はバンパーじゃなくて、バックカバーで iPod 並みのカラバリを出して来る可能性もありますね。^^)


ユーザーの不満、リクエストに、期待以上のもので応える。
さすがですね。
この垂直統合モデルにはどこもかないませんよ。

多機能携帯端末の市場で競合するグーグルやサムスン電子などについて、「ハードとソフトがバラバラ。『パソコンの次』といいながら、パソコンと同じスペック(性能)競争に陥っている。分かっていない」と切り捨て、「我々は正しい道を歩んでいる」と自信を示した。

この自信もごもっとも。
最近のタブレットラッシュを見て、Android タブレットメーカーは、自社ハード向けにもっと Android をカスタマイズ・チューンナップしないとだめだと感じていたところに、この言葉!^^;
そうすると Android バージョンアップ時に対応リスクを抱えることになりますが。それくらいクリアするか。もうそのバージョンのまま心中してもいいくらいのクオリティにチューンナップするか。とにかく尋常じゃないレベルで対抗しないと、話にならないですよ。


Android バージョンアップ時の心配するだけで、もうアップルよりコスト高。Androidオープンソースだから安くあがるわけじゃないとわかります。^^;


「スペック競争に陥っている。」
「わかっていない。」
何がしたいのか、わかってないんですよね。
Google が OS 作ったから、それようのハードを作る、そうじゃないってことですねー。
Android はメーカーが好きに作り替えていいんだから。


毎度毎度、アップルの新製品にはインスパイアされっぱなし。^^)



妥協してはいけない。作り手が作りやすいものを作ってはいけない。
今日も勇気と元気を頂きました!ジョブズありがとう!

                                                        • -

http://astore.amazon.co.jp/ipad-jp-22
http://astore.amazon.co.jp/iphone-4-22